SHARE
Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長 への入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
成功は「カード」で実現します
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。
「共同開発が
前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の限界を引き上げる「ウォレンバーグエコシステム」に協力しています。当社が生み出す配当金は、研究と教育に数十億スウェーデンクローネを補助する活動に付与され、人々や産業開発の利益に新たな知見をもたらします。このインタビューでは、ピーター・ウォレンバーグ・ジュニア氏がすべての流れを説明します。
アトラスコプコは1873年、A.O.により設立されました。ウォレンバーグ氏は、とりわけ鉄道の建設と運転用資材の製造、販売に重点を置いていました。その後数十年にわたり、技術革新と競争により、会社は圧縮空気や電力ソリューションなど、さまざまな方向性と新しい技術分野に発展しました。アトラスコプコは、戦略的買収を通じて成長を続けています。
1870年代初頭にアトラスコプコが設立されて以来、当社の開発はウォレンバーグ家と密接に関連しています。アンドレ・オスカル・ウォーレンバーグ氏は当社設立メンバーの1人で、ウォレンバーグ家の財団は、Investor AB社の持株により、当社最大の株主となっています。
ウォレンバーグ家は、1856年にスウェーデン初の民間銀行を設立して以来、スウェーデンのビジネスおよび産業の発展に主要な役割を果たしてきました。同行は、第1次および第2次産業革命において新興企業を支援しました。その多くは、それぞれの分野で世界的な業界リーダーになっています。これらの企業に長期投資を行い、研究と教育に配当の大部分を付与することで、何世代にもわたって継続するイノベーションのエコシステムが誕生しました。このシステムと、それに貢献している各企業の成功によって、現在では年間約24億スウェーデンクローネ(2020年)の研究/教育助成金を補助することが可能になりました。
このシステムは、多数の成功した企業の主要株主である持株会社FAM社を単独所有者とし、産業持株会社Investor AB社を過半数の所有者とする、民間の非営利財団グループを基盤としています。最も古く大きな財団は、1917年に設立されたKnut and Alice Wallenberg Foundation(KAW)です。これは、欧州最大級の科学研究の民間財団であり、主に医療、技術、自然科学の研究を支援しています。
KAW委員長、アトラスコプコ取締役会メンバーであり、ウォレンバーグ家第5世代の幹部であるピーター・ウォレンバーグ・ジュニア氏に、このエコシステムにおけるアトラスコプコの役割と、それがもたらす大きな価値について質問しました。
このエコシステムの目的は何ですか? また、目的は常に同じですか? 当財団の目的は、基礎的な科学研究と教育を支援することで、スウェーデンに利益をもたらすことです。1920年代にはわずかに変化しましたが、方向性はすでにクヌートおよびアリス・ウォレンバーグによって確立されています。この2人は、公共開発やスウェーデンの科学、貿易、産業の促進に大きく関わっていました。長年にわたって業務を継続できるように、彼らは、資金を管理し、助成金を支給するための財団を設立しました。次第に、他のメンバーによって、また、他のメンバーのために、同じ志の下で別の分野に焦点を合わせた財団が追加されてきました。
現在、「スウェーデンの向上」(スウェーデン語でlandsgagneligt)は地理的な境界に限定されていません。むしろ、私たちが資金を提供しているのはスウェーデンの大学の研究ですが、多くの場合、世界全体に利益をもたらす研究であり、科学チームは各国の専門家で構成されています。結果はオープンに共有され、将来の科学的ブレークスルーのための足がかりとして使用できます。私たちは、スウェーデンの企業や科学機関が先頭に立って研究を始められるよう支援したいと考えていますが、より良い研究のためにはグローバルな協力が不可欠です。
では、エコシステムはどのように機能しているのでしょうか? 財団の投資ポートフォリオは企業の業績に基づいており、その1つがアトラスコプコです。配当が高まると、財団により多くの資金が戻され、研究開発にも多くの資金が投入されることで、科学的発展が今後数十年にわたって推進されていきます。システムのすべての部分が互いに依存しています。財団は受け取った配当の80%を付与し、20%を既存または新規保有資産に再投資しています。
「財団が投資した」研究者のうち数人が、最近の化学分野におけるエマニュエル・シャルパンティエ氏のように、ノーベル賞を受賞しています。科学を次のレベルに引き上げる研究者達に共通する特徴はありますか?
逆に、彼らはみんなそれぞれ違う強みを持っています。彼らに共通するのは、内なる情熱を追い求める勇気を持ち、粘り強くそれを実行しているということです。言うまでもなく、彼らはみんな輝ける才能を持っています。
私たちは、彼ら研究者が、他の方法では困難なペットプロジェクトに携わることができるよう支援したいと考えています。才能ある人たちが真の情熱を追い求めることができれば、真のブレークスルーが起こり得ます。私たちは大学と協力して、独自の視点やアイデアを持つ優れた研究者を見つけ、支援しています。研究者には、度肝を抜かれるようなプロジェクトを自由に追い求めて欲しいと思っています。
この点で、多様性の拡大が重要です。私たちは、若手研究者を支援し、自然科学分野で女性研究者の数を増やすための特別なプログラムを用意しています。また、専門分野でのキャリアを追求するために、高等教育を受けた国際研究者を支援するプロジェクトにも資金を提供しています。大学の世界は多くの場合、階級と確立された権力構造に基づいています。私たちは、その世界を少し揺さぶることで、新鮮な視点を継続的に保ち、最高のアイデアが生み出されるようにしています。
毎年数千もの申請が提出されると思いますが、支援する研究をどのように決定しますか?
KAWは最大の財団ですが、申請は常に個人の研究者から提出されます。ただし、大学が候補者を推薦する必要があります。次に、専門家チームにレビューを依頼して、プロジェクトの実現可能性について検討してもらいます。最も興味深い申請は、複数の国際的な専門家によるピアレビューへと進みます。基本的な要件は、その研究が優れたユニークなものでなければならないということです。「よくあるもの」では評価されません。
現在、最もエキサイティングなプロジェクトは何ですか?
非常に多くのものがありますが、いくつか選ぶとしたら、最近開始されたデータ主導型ライフサイエンスへの37億スウェーデンクローネの投資を選びたいと思います。この研究分野は、データ処理や人工知能のイノベーションと組み合わせることで、医療や自然科学のあらゆる分野に影響を与えます。これは、将来的なパンデミックに対する備えを強化するために特に重要です。これに関連して、今年度はコロナウイルス感染症関連の計画に対して合計1億8,000万スウェーデンクローネを付与しました。
もう1つの例は、Wallenberg AIと呼ばれる、自律システムおよびソフトウェアプログラムであるWASP(風力タービン自動化サービスプロトコル)です。アトラスコプコはWASPの一部です。2015年の開始当初、スウェーデンはこの分野で遅れをとっていました。このプログラムで学界と産業界が一丸となることで、事態は急速に前進しており、スウェーデンは現在、この開発に携わる国際的な専門家が集まる主要国の1つとなっています。これにより、協力は常に最も効率的な方法であることが証明されました。
個人的には、Wallenberg Wood Science Centerで行われている研究にも非常に魅力を感じています。ここでは、木々から新しい材料を開発する方法が研究されています。これはきわめて高度な分野であり、ナノセルロースやナノ構造の木質繊維などを研究対象としています。
自律システムとモノのインターネットに関して、アトラスコプコとしてはどのようなチャンスがありますか?
言うまでもなく進行中の産業革命は、技術に精通し、革新を推進するアトラスコプコのような企業に明らかなチャンスをもたらす変革です。しかし、製品やソリューションをデジタル化したり、新しい技術を実装したりするだけではありません。このような発展は社員に大きな影響を与えます。そして社員は会社の最も貴重な資産であることに疑いの余地はありません。
企業は、業務のやり方を一新し、チームを再教育して、社員が乗り遅れないようにする必要があります。これにより、お客様を含む私たち全員に影響を及ぼすような行動の変化が生じます。アトラスコプコは、買収企業を統合することを得意としており、そのスキルもこの変化に応用できます。変化を管理することが鍵となります。
プラスチックを木材に置き換えることは、より持続可能な世界のためのイノベーションの1つの例です。財団は特に持続可能性のプロジェクトを対象としていますか?
具体的ではありませんが、私たちが支援しているプロジェクトの大部分は、持続可能な分野に直接的な影響を及ぼしています。これは、持続可能性が今日の社会のあらゆる側面に組み込まれており、個別の問題ではないことを示しています。同様に、成功している企業は、事業運営のすべてにおいて持続可能性を考慮しています。アトラスコプコは常に、お客様の要求に基づいて継続的に改善を行っており、持続可能性はその自然な一部であると考えています。
私たちは自身を、「産業アイデアのホーム」と呼んでいます。これは正確な表現だと思いますか?
およそ1年前、私は、シックラにあるアトラスコプコ本社のオープンハウスイベントに招待されました。そこでは、グループの各部門のチームが、最も革新的な研究開発プロジェクトをいくつか紹介していました。彼らのソリューションと成果は、驚くほど素晴らしいものでした。すべてのレベルの従業員が、「規格外」のアイデアを、既存の製品ポートフォリオとの関連性がなくても模索することができるこの企業文化は非常に貴重で、他の多くの企業でも真似をしてもらいたいことです。そのような働き方は非常な喜びでもあり、雇用主としての魅力を高めることでもあります。
アトラスコプコは多くの点で、歴史ある、昔ながらのエンジニアリング企業ですが、成功の鍵は時代の流れに遅れることなく行動し、その方法を開発する能力です。現在の例は、ディーゼルから電気への移行です。私は組織のさまざまな部署を訪問し、どこに行ってもこれが関心事であることを知っています。これは、私たちが大切にしている部分です。
改善の余地はありますか?
すべての大規模組織と同様に、スピードに苦慮しています。スピードは、前述のテクノロジー革命によってのみ解決されます。これに関連して、代わりのキャリアパスを確立し、新しい視点から着実なインフローを提供することが非常に重要だと思います。雇用年数または特定の役職が上級職になるための基本的な要件である場合、後から入社した才能ある人材は自動的に排除されるか、違うキャリアパスを選ばざるを得ません。また、若い世代は迅速な昇進を期待しており、勤続20年で初めて上級職の候補となるような会社に留まることはほとんどありません。雇用および昇進プロセスはより柔軟に、個人を成長させる複数の方法を提供する必要があります。これは、多様性のレベルを高めるのにも役立ちます。
今後どうしたいですか?
この仕事の最も楽しい部分は、才能ある情熱的な研究者と出会うチャンスがあり、彼らの考えを聞き、彼らがこれまでに発見したことを知る機会があることです。イノベーションを追求する彼らを支援できることは、非常に刺激的でやりがいがあります。財団の視点から見ると、将来の可能性を切り拓くことができます。私の願いは、世界全体が研究の長期的価値を尊重し、理解して団結することです。共同開発は、前進のための最善の方法です。
アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB