きれいな水
は生活を変える
女性や少女は特に水不足の影響を受けます。彼女たちの多くは、家族のために毎日きれいな水を汲んでくるために、長い距離を歩かなければなりません。村に井戸や給水システムがあれば、これらの少女たちは学校に行ったり、繁盛するビジネスを確立するために時間を使ったりすることができます。これはコミュニティ全体にプラスの影響を与えます。
私たちのWater for Allイニシアチブは、きれいな水へのアクセスが制限されているコミュニティを支援し、深刻な健康リスクを抑制し、人々がより良い未来を築くのを支援します。
アトラスコプコにとってメインのコミュニティエンゲージメントイニシアチブであるWater for Allは、1984年に、ペルーのあるコミュニティが深刻な干ばつに耐えられるよう井戸を掘削するのを支援したいと考えた従業員のグループによって開始されました。それ以来、このイニシアチブは発展し、現在では50以上の地域で、Water for Allチームが、小さな井戸から村全体の下水設備まで、さまざまなプロジェクトをボランティアで支援しています。
資金調達は、従業員の寄付に基づいており、当社はその2倍の金額を寄付しています。これまでのところ、Water for Allイニシアチブは、200万人以上の人々がきれいな水と衛生施設を利用できるようにしてきました。ここでは、多くの熱心なサポーターのうち2人を紹介します。
イタリア
アトラスコプコのオイルフリーエア部門のマーケティングアドミニストレータであるマヌエラ・スタニャーティは、2014年からWater for All Italyの委員長を務めています。
「私たちのプロジェクトは、Amref Health Africaと協力して、ケニア、エチオピア、南スーダン、ウガンダを対象にしています。プロジェクトでは、井戸を掘削し、天然の湧き水を保護し、パイプラインや給水タンクを設置しています。公衆衛生に関するトレーニングも重要です」とマヌエラは言います。
多くのプロジェクトでは、給水タンクや水衛生キオスクによって学校を支援しています。学校に適切なトイレがない場合、多くの少女が思春期になると登校しなくなってしまいます。
「私たちは、プロジェクトを開始から終了まで段階的に進め、コミュニティにもたらされたメリットを確認するようにしています。現地で受益者と会うことは、私のボランティア活動の中で最もすばらしいことであり、動機付けとなります。私はアンバサダーであることを非常に誇りに思います」とマヌエラは言います。
最近のプロジェクトでは、南スーダン共和国内の各地域で井戸、換気された仮設トイレ、養魚槽を設置しました。
「南スーダンは2011年に独立しました。深刻な水不足に加えて、紛争や内戦が何年も続いたことで状況がさらに悪化し、支援がこれまで以上に必要になってきました。危機的な状況やコロナ禍にもかかわらず、私たちは、すべての水設備をスケジュール通りに設置できました」とマヌエラは言います。
マヌエラ・スタニャーティ アトラスコプコのオイルフリーエア部門のマーケティングアドミニストレータ
日本
Water for All in Japanは、2014年に、シニアコーポレートコミュニケーションマネジャーであるタキ・スズキが立ち上げました。現在、120人以上のボランティア従業員が、主にアジアで水、衛生、健康に焦点を当てたプロジェクトを進めています。
「私たちは着実に拡大しており、特に若い従業員の間で参加する人が増えています。彼らは、従来の業績に関連した目標に取り組むだけでなく、社会に貢献したいとも考えています。Water for Allに参加することは、人々の生活をより良いものに変える、やりがいのある活動です。また、多くのことを学ぶこともできます」と、タキは言います。
2018年、Water for All JapanはNGOのウォーターエイドジャパンと協力して、東ティモールでの2年間のプロジェクトを実施しました。この東南アジアの島国では、特に農村部で、きれいな水を利用できず、衛生管理が困難です。
あるプロジェクトでは、水と衛生(WASH)の状況を改善するために、WASHサービス、財務、計画、および監視に関するデータ分析を含む、自治体職員向けのトレーニングに重点を置きました。参加者は、家庭、学校、医療施設におけるWASH施設の基準についても学びました。
「東ティモールの2つのコミュニティは、きれいな水、適切なトイレ、そして日常生活における良好な衛生状態を維持するという目標に向けた取組みを続けることになっています」と、タキは述べています。
タキ・スズキ シニアコーポレートコミュニケーションマネジャー
Water for Allの詳細については、 アトラスコプコのWebサイトをご覧 ください。
こちらをクリック
アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB
Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長 への入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
成功は「カード」で実現します
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。