アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB
Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長への 入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
カードゲームから生まれた成功
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。
SDO2105_GridScale_Totale_8K_8.jpg
ミッシングリンク
炭素フリーの未来に向けて、後に使用できる再生可能エネルギーを捕捉することが重要です。デンマークの企業Stiesdal Storage Technologies社は、数時間から数週間分の電気を一度に貯蔵できる画期的な熱ベースのエネルギー貯蔵システムを開発しています。同社は、工程で必要なターボ機械の開発をアトラスコプコに依頼しました。
世界の多くの地域で再生可能エネルギーへの移行が進んでいます。ただし、風力と太陽光を利用したクリーンで炭素フリーの電気エネルギーの生産は、利用可能性によって異なります。場合によっては、エネルギーを多く作り過ぎてしまい、余分なエネルギーを捨てる必要が生じます。あるいは、生産を上回るエネルギーが必要になることもあります。 課題は、エネルギー需要とエネルギー生産の不均衡を減らすことです。 大規模な風力タービンを活用した風力発電で電力の50%を得ているデンマークの例を見てみましょう。 「風力容量を50%にすると、風力から約45%を得られます。しかし、容量を100%にしても、わずか60%しか得られません」と語るのは、Stiesdal Groupの傘下で、デンマークの気候技術企業であるStiesdal Storage Technologies社の最高執行責任者ボ・ビルケモース氏です。 「これは、生産したエネルギーの全部は必要とされないためです。私たちは必要以上の生産を行っているため、シャットダウンする必要があります。あるいは、必要量を生産できない場合もあります。」
新しいアプリケーションを使用した実証済みコンセプト
Stiesdal社にはこの問題に対処する計画があります。同社のGridScaleエネルギー貯蔵システムは、数百年前に開発されたシンプルな技術である、熱エネルギー貯蔵をベースにしています。 Stiesdal社のソリューションは、ポンプ式熱エネルギー貯蔵システムであり、低コストで炭素フリーの保存媒体として高温や低温の粉砕岩を使用します。Stiesdal Storage Technologies社は、このソリューションに必要なターボコンプレッサおよびターボエキスパンダ技術を、数年前にアトラスコプコに依頼しました。 「グリッドスケールでは、安価で単純な、大量の石などに電気を保存します」と、アトラスコプコのガスアンドプロセス部門の新エネルギー担当マーケットマネジャーであり、このプロジェクトでStiesdal Storage Technologies社と協力しているアトラスコプコチームの一員であるラスマス・ルビッチは説明しています。 「リチウム電池を利用することができ、その価格は常に低下していますが、使用が12時間未満の場合しか経済的にならず、最も効率的なのはわずか4時間です」とラスマス・ルビッチは付け加えています。 水素は、大規模かつ長期間の貯蔵のための選択肢になり得ます。しかし、変換効率がきわめて低く、水素を純粋な形で大規模に保存することは困難で、コストがかかります。
「Stiesdal社のソリューションにより、バッテリーの問題が解消されます」とラスマスは続けます。「必要なのはスチール、石、若干の断熱材だけです。環境に優しく、入手しやすい材料を使用して、バッテリと水素間のギャップを埋めることができます」。
「必要としたのは、安価で、生産、輸送、設置が簡単なものでした。当社は、風力タービンと同様に、現場での試運転と設置をきわめて短時間で簡単に行いたいと考えていました」とボ・ビルケモース氏は語っています。「当社はデモプロジェクトを開発しているだけではありません。機能することはわかっています。当社のソリューションは、短時間で大規模に拡大できるのです。」
「オープンで信頼できる協力関係」
「一部の業界ではよく知られていても、当社は小規模で設立間もない会社です。いくつかのきわめて新しい分野にも進出しています。作業員の懸念の1つがターボ機械に関することであったため、アトラスコプコの専門知識と評判が頼りになりました」とボ・ビルケモース氏は説明しています。
「戦略的協力という点では、アトラスコプコも当社の利点を活用しています。当社は、何十年にもわたって風力発電産業のトップ企業として経験を培ってきたからです。しかし、ここで非常に重要なのは、当社のような小規模企業がアトラスコプコのような大規模組織と協力し、お互いの能力を尊重して良好な関係を築けたということです。これは、オープンで信頼できるコラボレーションです」とボ・ビルケモース氏は付け加えています。
アトラスコプコのガスアンドプロセス部門の熱貯蔵事業を担当するハラルド ダニーにとっても、このコラボレーションは「すばらしいストーリー」です。
「Stiesdal社はこのすばらしいアイデアを持っていましたが、必要な技術の一部が不足していました。同社は、このアイデアを実現する機械の開発をサポートできる会社を探していました」とハラルドは語っています。「そしてここに至ったのです。当社はお客様の要求に基づいて、既存の技術を超える、さらなる技術を開発できるようサポートします。」
次に何が起こるのでしょうか?
開発プロセスは2019年から実施されています。アトラスコプコのガスアンドプロセス部門の設計エンジニアであるハンナ・ヘルメイヤーは、研究開発の主な課題は、この規模のターボ機械に高温の運転温度が与える影響であると説明しています。
「このような高温用のターボ機械を開発することは挑戦でした。すべては空力設計から始まり、その後、機械設計を始めました。設計では、高温が設計と材料自体に与える影響に焦点を当てました」とハンナは説明しています。 「検討すべき課題は数多くありますが、これは再生可能エネルギーをより効率的に使用するための優れた選択肢であり、私たちが地球を守るための、きわめて有望なソリューションです。このプロジェクトに取り組んでいることをとても嬉しく、誇りに思っています」。
Stiesdal Storage Technologies社は、2023年の最初の商業的生産の前に、2022年に世界各地にプロトタイププラントを設置することを目指しています。最初のデモプラントは現在、バルト海にあるデンマークの再生可能性に満ちた島、ロランドに設置されており、島の風力発電や太陽光発電の余剰電力を使用して充電が行われます。 ボ・ビルケモース氏は、たとえば、人口密集地から離れた風力発電所や、現在ディーゼル発電機に大きく依存している鉱山など、送電網から離れた遠隔地にさまざまな顧客セグメントが存在すると考えています。
「当社が選択したテクノロジーの利点は、実際には未だ不完全であるということです」とビルケモース氏は語っています。「これは、短期間でスケールアップできる実証済みのコンセプトです。朝、目覚めて頭に浮かんだことは、当社が取り組んでいるより良く、よりクリーンな未来のためのテクノロジーに役立つ知識となります」。
グリッドスケールの技術は、19世紀の2つの画期的な発明に基づいて構築されています。ブレイトンサイクルは従来のガスタービンの基礎となっています。カルノーサイクルは、高温と低温の間で動作するすべてのヒートエンジンの性能の標準です。これらの確立された原則を新しい熱貯蔵に適応させるアイデアは、社名でもある創設者ヘンリック・スティダルの洞察力に基づいています。
グリッドスケールは、選択した容量に応じてエネルギーを可変数間で移動させるヒートポンプシステムとして、それぞれ高温と低温で貯蔵する個別の容器として最適です。
低温貯蔵容器の最高温度は、高温貯蔵容器の最高温度よりもはるかに低いため、低温容器には基本的にあらゆる種類の破砕岩を使用できます。高温貯蔵の唯一の要件は、多くの種類の岩で発生する可能性のある高温に耐えられることです。
粉砕岩の貯蔵素材は劣化しません。また、グリッドスケール銘板に記載された貯蔵容量を、システムの全耐用期間中利用できます。
グリッドスケールの範囲は、日々の太陽エネルギーの平滑化に必要な12~18時間の持続時間と、低風期間に発生するギャップを含めて風力を平滑化するために必要な3~7日間の持続期間の両方をカバーしています。
「デンマークを例にした場合、1日分の熱貯蔵容量を設置すると、使用可能な電力量が75%まで増加します」と、SStiesdal Storage Technologies社のCOOであるボ・ビルケモース氏は語っています。