アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB
Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長への 入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
カードゲームから生まれた成功
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。
img_1744379069.jpg
病院を持続可能な
未来へに導く
この革新的な技術により、病院は地球の大気に害を与えている麻酔ガスを取り除くことができます。
温室効果ガスを大規模に排出している産業を考えてみるときに、航空、自動車、農業が思い浮かぶと思いますが、医療を思いつく人はほとんどいません。
病院は24時間年中無休で稼働し、使用する麻酔剤の種類によっては、CO2よりも2,000倍から6,000倍有害な地球温暖化効果をもたらすガスを排出します。今日、ほとんどの病院はこれらのガスをそのまま空気中に放出しています。
有害なガスを捕捉する方法の発明
カナダの医療施設に医療用空気および真空システムを供給しているClass 1社は、この問題に対処するためにHalogenated Drug Recovery(HDR)と呼ばれるソリューションを開発しました。特許を取得しているこの方法では、一元的なシステムを介してハロゲン化(麻酔薬)が貯蔵タンクに捕捉され、その後薬剤は安全に保管されて環境への影響が最小限の物質に最終的に変換されます。このソリューションは、現在北米のいくつかの病院に導入されています。
Class 1社のオペレーション担当副社長マリアン・ボアー氏は、「気候重視の姿勢が高まっているため、多くの医療施設がHDRと最終的な変換プロセスに関心を示しています」と述べています。「また、お客様が回収した麻酔剤の量に関するデータを提供して、温室効果ガス排出量の削減を正確に報告できるようにします。」
明らかな環境上の利点以外に、経済的なインセンティブもあります。多くの国の病院には、違反した場合に罰金が科せられる排出基準があります。汚染がこうした排出基準を十分に下回る病院は、炭素クレジット市場に参入して、目標を達成できない排出企業とクレジットを交換することができます。
カナダでの装置試験
HDRに結び付いた研究は、2009年にカナダのオンタリオ州ウォータールー大学と提携して始まり、麻酔薬がいかに汚染されているかを明らかにしました。それが、環境に影響を与えずに、麻酔薬を集中型システムに取り込むことができることを証明する共同研究の始まりでした。
「当時、ガスの回収を集中化するシステムを持つと主張した当社は、世界でも数少ない企業の1つでした。そのため、HDRの最初のバージョンを完成した時点で、特許の申請を開始しました」とマリアン・ボアー氏は述べています。
2011年にオンタリオ州キッチナーにあるグランド・リバー病院でClass 1社がHDR機器の試験を開始したとき、医療機関同様、教育機関も麻酔ガスが地球の大気に与えるダメージを認識するようになっていました。2013年には、この問題の解決策を持っているかどうかについての問い合わせが、Class 1社に届くようになりました。2015年までに、グランド・リバーでのHDR試験が成功しました。この装置は99%の麻酔ガスを回収することができました。
持続可能なビジネスへの参加
この試験以降、HDRに複数の改良が加えられ、現在は第5世代になっています。Class 1社は、引き続きHDRを北米全体に展開した後に、グローバルに展開する予定です。カナダ、米国、欧州、英国、インド、オーストラリアで、この技術の特許を取得済みです。
2019年、アトラスコプコグループはClass 1社を買収しました。
「この背景の大きな要因の1つは、両社が共に持続可能性全般を目指し重視していることでした」と、Class 1社のジェネラルマネジャー、マイケル・スー氏は述べています。「同様に重要なのは、HDRを標準とする医療施設向けの医療用ガスソリューションのすべてにおいての相乗効果です。」
気候重視の姿勢が高まっているため、多くの医療施設がHDRと最終的な変換プロセスに関心を示しています」
マリアン・ボア― Class1オペレーション担当副社長
「同様に重要なのは、HDRを標準とする医療施設向けの医療用ガスソリューションのすべてにおいての相乗効果です。」
マイケル・スー Class1 ジェネラルマネジャー