Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長 への入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
成功は「カード」で実現します
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。
無駄を排除し 排出ガスを低減
産業用コンプレッサと真空ポンプは大量の電力を消費しますが、それらの速度を現在の生産ニーズに適応させることで、エネルギー消費量を大幅に削減できるとしたらどうでしょうか? このような革新的なアイデアにより、アトラスコプコはエネルギー効率の先頭を走っています。
ほとんどの産業用製造プロセスでは、ツールやロボットに動力を供給したり、ガスや液体などを分離したりするのに、圧縮空気の安定供給に依存しています。このような空気を生成するコンプレッサは、多くの場合、工場の背面に隠れていますが、生産フロー全体を担っています。これらは、毎日稼働し続ける強力な機械であるため、消費電力が多くなり、それが排出ガスとコストにつながります。そのため、工業会社はエネルギー効率を最大限に高めることを常に目指しており、少ないエネルギーで同じ作業を実行できる方法を模索しています。また、常時稼動している機械も、遅かれ早かれ摩耗してきます。
アトラスコプコでは、継続的な技術革新により、パフォーマンスとエネルギー効率の両方で業界をリードしています。高いエネルギー効率を実現する主な要因は、可変速駆動(VSD)技術です。この技術では、常時同じ速度で動作するのではなく、現在の要求に合わせてモータを調整できます。
アトラスコプコは、1994年、この技術をコンプレッサに統合した最初のサプライヤーとなりました。これは、市場に革命をもたらした革新的なアイデアです。約20年後には、社内の技術革新によるVSD+で新たな業界標準を確立し、エネルギー消費量を記録的な低さに抑えることができました。
新鮮な息吹
ZR VSD+オイルフリーロータリスクリュエアコンプレッサは、エネルギー効率とパフォーマンスの向上を目指したアトラスコプコの取り組みの最近の一例です。この機械は、医薬品や電子部品の製造など、わずかな汚染でも製品が台無しになる環境でオイルフリーの空気を供給します。このようなレベルの清浄度は、食品および飲料の生産、繊維産業、車体の塗装工程においても重要です。
「電気料金は10年間で総所有コストの75~80%を占めているため、信頼性とエネルギー効率は、お客様にとって非常に重要な要因です」と、25年の経験を持つ、オイルフリースクリュコンプレッサのグローバル製品マネジャーのイェロエン・ホエンは述べています。しかし、製品の発売までの道のりは長いものでした。
その背景にあるアイデアは、かなり前から社内にあり、実際には2006年までさかのぼります。アトラスコプコでの最初の仕事は、この製品用に設計されたモータのテストでしたが、技術的な課題があり、コスト効率を上げることが難しかったため、中断していました」と、これまでZR VSD+の研究開発プログラムリーダー務め、現在はオイルフリースクリュコンプレッサの技術チームリーダーであるトーマス・デ・ボントリダーは述べています。
技術革新プロセスが再始動したのは、2014年になってからでした。「その時までに、新技術の開発が進んでいたため、エンジニアリング部門のメンバーと一緒にアイデアを練り、『市場に真の利益をもたらす製品を作るためのあらゆるものが手に入るようになりました』と言えるまでになっていました」とトーマスは述べています。
その後、製品開発が進むにつれて、サービス技術者、生産、エンジニア、マーケティングにさまざまなカスタマーセンターの同僚が加わりました。最初の装置は、ビール、ベビーフード、医療機器の製造業者を含む、10のパイロットカスタマーサイトでテストを行いました。これらの最初のお客様からのフィードバックは、最終製品の改良に不可欠でした。
「この製品で飛躍的な進歩を遂げました」とイェロエンは述べています。イェロエンは、製品の発売を昨日のように記憶しています。「ステージ上で皆さんの前に立ったとき、とてもワクワクした気持ちになりました。以前のコンプレッサでは10%のコスト削減を達成できました。これは、たとえば、160 kWのコンプレッサで年間約1万ユーロのコスト削減を達成できることを意味します」
金額も当然大事ですが、持続可能性についても同じです。「アトラスコプコでは、発売以来、300台以上の装置を設置してきました。各装置は、空気需要の概況に応じて年間40~60トンのCO2を削減しています」とイェロエンは述べています。
お客様の反応は期待を上回るものでした。イェロエン・ホエンとトーマス・デ・ボントリダーの業績は、名誉あるジョン・ムンク賞(技術革新部門)を2020年に受賞しました。コンプレッサ事業部の同僚であるディーター・バーテルズも、極めて重要な貢献をしたことが認められ、賞を受賞しました。
「この賞を受賞したことは素晴らしいことです。私は、市場に投入するために努力してきたことを誇りに思っています」とトーマスは述べています。イェロエンにとっても、ZR VSD+の開発は長いキャリアの中で重要な出来事になっています。「世界最高レベルの製品を擁する企業で働くことを誇りに思っています。今でも、製品に夢中になっており、自分の子どものような存在です」
ZR VSD+ コンプレッサ
主な特長: 柔軟な速度と最小限のエネルギーで、クリ ーンでオイルフリーの空気を供給します。
優れた機能: 驚くようなCO2スマートにより、従来型のVSD技術を採用したコンプレッサに比べて11%削減できます。エネルギーの90%を回収し、暖房やその他の工業プロセスで必要な蒸気として使用できます。
使用場所: 食品および飲料の製造、製薬産業、電子機器および自動車メーカー。
イノベーターの紹介
イェロエン・ホエン
グローバル製品マネジャー
この開発プロジェクトで何か特別な体験をしましたか?
はい、イタリアのペローニ社の工場でマーケティング映画を制作しましたが、とても楽しかったです。アトラスコプコは圧縮空気のスペシャリストであるため、ガリレオ・ガリレイが400年以上前に圧縮空気の重量の測定を試みたパドヴァ大学のAula Magnaを訪問できたことも貴重な経験でした。
トーマス・デ・ボントリダー
エンジニアリングチームリーダー
あなたのモチベーションは何ですか?
私は、技術的な問題を解決して、良いアイデアを実行し、それが報われるのを見るのが好きなのです。今では、新製品を市場に投入するために、チームメンバーをサポートできるようになりました。これまでの経験を活かして、彼らにアドバイスしています。彼らがチーム内で成長し、会社内でそれぞれの居場所を見つけ、成果を上げるのを見るのは素晴らしいことです。
デクスター・ダイ
シニア開発エンジニア、青島
仕事のモチベーションになるものは何ですか?
自分のアイデアが奨励されることを嬉しく思います。ここには、自由がたくさんあります。このような製品を生み出すことに役に立つことができると、とても良い気分になります。この製品のおかげで、北欧、インド、オーストラリアの国を訪れる機会がありましたが、とても素晴らしい経験になりました。さまざまな国の人々と仕事をすることで、多様性について真の意味で理解できるようになり、さまざまな面で人生が変わりました。
LRP VSD+ 真空ポンプ
主な特長: 柔軟性、堅牢性、使いやすさ。
優れた機能: 完全に同期して動作する2基のインテリジェント可変速駆動により、厳密に真空要求に適合し、水の消費量を削減します。
使用場所: 堅牢な技術が求められる、蒸気が立ち込める湿気の多い環境や汚れの多い環境。
イノベーターの紹介
アンドリーズ・デシロン
アトラスコプコブランドの産業用真空ソリューション担当副社長
最終的に産業用ソリューションにどのように取り組みましたか?
研究開発には常に取り組んできたため、産業用真空事業部を立ち上げたときは、エンジニアリング担当副社長でしたが、その後、マーケティング部門に移りました。私は常に技術革新を重視しています。アトラスコプコは、技術革新の自由を提供します。チームとして何かを達成し、お客様のためにより良いものを実現するために力を合わせて取り組むという考え方が、私の主なモチベーションとなっています。
アリステア・ダロック
液封式リングポンプおよび販売ツール担当製品マネジャー
これまでの仕事で最も楽しい経験は何でしたか?
これまでの私のキャリアで最も楽しかったのは、2019年10月に中国の青島でLRP VSD+を発売したことです。マーケティングチームとして1週間でイベントの準備を進め、イベントを成功させたことは素晴らしい経験でした。
真空事業に拡大
コンプレッサと同様に、真空ポンプも多くの産業プロセスや科学的プロセスに不可欠です。真空ポンプにより、「クリーンルーム」を必要とする工程用に制御された環境を構築できます。真空ポンプは、冷却と乾燥、形成と成形、製品の保持、持ち上げ、移動、保存に加え、蒸留や化学反応にも使用されます。 アトラスコプコでは、コンプレッサの新たな業界標準を確立しましたが、必然的に次の段階として、真空ポンプにも同じエネルギー効率の高い技術を採用しました。革新的なVSD+技術を支えているメンバーの1人は、アトラスコプコのコンプレッサ事業部で現在アトラスコプコブランドの真空事業担当副社長を務めるアンドリーズ・デシロンです。
「真空ポンプの電源を入れて、1日中連続して全負荷で稼働させるのは、もう昔のことです」とアンドリーズは述べています。企業はエネルギー消費を削減する方法を積極的に模索しなければならないというのが、業界の標準になっています。これは、製品開発の各プロジェクトにおいてますます重要な部分となっており、特に、アトラスコプコ独自の持続可能性の目標を達成することが重要になっています。
主要な真空ポンプのタイプの1つは、液封式真空ポンプです。スーパーマーケットでは、肉やチーズ、ボトル入りのジュース、袋入りのポテトチップなどが売られていますが、これらは真空を使用して処理または包装されており、その製造のどこかで液封式真空ポンプが使用されている可能性があります。
しかし、このような精巧な機械は、多くのエネルギーと水を消費します。アトラスコプコでは、数十年前の技術を効率的に最新化する必要があったため、2019年にLRP VSD+ポンプを発表しました。これは、真空をインテリジェントに制御するコンパクトなシステムです。お客様の真空要求に正確に対応し、ポンプによる独自のトラブルシューティングにより、ポンプ本体を保護し、貴重なフィードバックを提供できます。
「業界の誰もが、このタイプのポンプの高速制御は不可能であると言っていましたが、アトラスコプコがこれまで培ってきた可変速駆動の技術を活かして、それが可能であることを証明したいと考えていました」とアンドリーズは述べています。
「別の真空ポンプ、GHS VSD+に対する市場の反応から、ポンプとその生産プロセスの間のインテリジェントな相互作用の恩恵をお客様が実際に受けていることがわかりました」と、液封式リングポンプおよび販売ツール製品マネジャーのアリステア・ダロックは述べています。
「これは住宅と少し似ています。現在は住宅用の可制御システムなども普及しており、これはスイッチのオンとオフを切り替えるシステムではなく、部屋の人数や外気温に応じて完全に調整されます」
LRP VSD+は、従来型の「低インテリジェント」な液封式リングポンプよりも最大40%も省エネで、最大90%節水できるため、電気料金と水の節約以外にも、CO2削減も達成できます。
「多くのお客様は、気候変動に対処し、生産拠点を削減するというアトラスコプコの情熱に共感していますが、そのような観点で考えていないお客様でも、省エネとコスト削減を同時に達成することで、そのメリットを実感しています」とアリステアは述べています。
では、このような技術革新をどのように実現したのでしょうか? これらは、いつものように、お客様のニーズからすべて始まりました。

「アトラスコプコでは、お客様と緊密に連携して、お客様の課題と、お客様固有のニーズにどのように対応できるかを理解するようにしています」とアリステアは述べています。
イノベーターの紹介
パメラ・ケイトランド
シニア製品マネジャー
アトラスコプコでの最終的な実績はどうでしたか?
アトラスコプコでは、私はまだ「駆け出し」です。卒業してすぐに、フランスのカスタマーセンターに勤務しましたが、その後、アトラスコプコの新しい分野である真空事業で働く機会を得ることができました。まさに、スタートアップのようなもので、とても素晴らしい経験となりました。これまで、中国市場にも時間を費やしてきましたが、現在はドイツ市場を手掛けています。この会社には非常に多くのチャンスがあり、退屈することはありません。私にとっては、顧客満足がなによりも重要であり、お客様から満足したとのお声をいただいたときは、とても嬉しくなります。
リンダ・リー
テクニカルリード
あなたの主なモチベーションは何ですか?
環境問題に最善を尽くすなど、アトラスコプコの企業文化と持続可能性の取り組みが何よりも大好きです。ここには、素晴らしいアイデアを持つ若い人材のための優れた基盤もあります。アイデアがあれば、それを自由に実行に移せます。私が心躍るのは、お客様の難しい課題を解決できたときです。これをやり遂げたときは格別な気分になります。
GHS VSD+ 真空ポンプ
主な特長: スマートで省電力、プラグアンドプレイ。
優れた機能: ターンダウン比が高いため、中央真空システムに最適な技術プラットフォームとされています。
使用場所: ガラス成形、缶詰製造、電子機器、食品包装、パスタの脱気、粘土押出など。
SHARE
「評判もとても良いです。インテリジェントポンプを特注で依頼されたお客様からは、期待以上の製品であったとのお声をいただいていますが、最も嬉しかったのは、お客様が製品を受け取ったときに、これまで考えてもいなかった付加価値に圧倒されたと言われたことです」と
アリステア・ダロック 液封式リングポンプおよび販売ツール担当製品マネジャー
これらのニーズを製品管理チームが特定した後は、研究開発部門の出番です。この3年間の開発には、中国とベルギーのエンジニア、英国からの技術的な意見、グローバルな情報源を活用したマーケティング情報など、真に国際的な取り組みが必要でした。
中国の青島を拠点とする研究開発チームの一員のシニア開発エンジニアのデクスター・ダイは、LRP VSD+の開発に必要な総合的な専門知識の提供に貢献しました。
「開発とテストのエンジニアとしてプロジェクトに参加し、この製品を広範囲に検証して、他のエンジニアと協力してアイデアを検証しました」とデクスターは述べています。「インドの技術サービス担当の同僚や、コンプレッサ担当の同僚からもサポートも受けました。彼らは、開発当初の私たちよりもVSD+技術の経験が豊富でした」
「私たちは単に連絡を取り合うだけではありません。研究開発チームとマーケティングチームの連携は100%統合されたものです」とアリステアは述べています。「今でも、デクスターを含む同じ研究開発チームが私と協同し、製品の継続的な改善と最適化のためにお客様からフィードバックを得ています。そして、この取り組みは、製品のライフサイクル全体を通して継続しています」
衝突しても友好的な関係を築く
アリステア・ダロックも言及していますが、GHS VSD+オイルシールロータリスクリュ真空ポンプは、真空機に可変速駆動を初めて導入したポンプです。2015年の発売以来、この製品は、ガラス成形、食品加工、食品包装、電子製品のピックアンドプレース、粘土やプラスチック押出などの湿気の多い用途など、省エネ型の「プラグアンドプレイ」技術で複数の用途に対応しています。
「すべて2012年に始まりましたが、そのときはまだ、固定速度の真空ポンプしか販売していませんでした」と、産業用真空事業部のシニア製品マネジャーのパメラ・ケイトランドは述べています。
「多くのお客様が、個々の機械ごとに1つのポンプを使用するのではなく、集中型の真空ソリューションに関心を持っていることがわかりました。集中型システムの長所は、複数の機械に対応し、現在の実際のニーズに対応できることです」
チームでは、会社のコンプレッサ担当の同僚の経験に注目しました。 「アトラスコプコが目指した市場は、VSD技術が初めて導入された1994年当時のコンプレッサ市場と同じ状況にありました。競合他社は固定速度の機械に重点を置いていましたが、アトラスコプコでは、社内で培った専門知識を活用して市場を分析し、お客様と連携して、初の可変速駆動型真空製品の開発に取り組みました」とパメラは述べています。
当初の生産は欧州中心でしたが、2017年までには、ITとエレクトロニクス分野における中国市場の存在感が高まり、極東地域にも注力する必要があることが明確になりました。
中国の青島にある製品会社のオイルインジェクションスクリュ製品のテクニカルリードである、リンダ・リーが加わったのは、この時期でした。
「当社のエンジニアリング部門は、マーケティングなど、さまざまな部門と連携して製品仕様を開発しました」とリンダは述べています。「目標を確認して調整し、プロトタイプを製造して、一緒に協力して見直す。これが私たちの変わらない仕事の進め方です。製品を現場で徹底的にテストし、すべての調整が完了して初めて製品を発売できるのです」
「私たちは常に互いに協力して課題に取り組んでいます。考え方の違いから衝突することもありますが、友好的な関係を築くことで、開発を推進しています。常に製品に注力し、より良い製品にすることを考えています」
このソリューションは間違いなく革新的です。これまで、7,500台以上のGHS VSD+真空ポンプが世界中で販売されましたが、設置と整備が簡単で、使いやすく、省エネ性に優れているとお客様から評価されています。また、さまざまな規模の市場のニーズにも対応します。
「ターンダウン比が非常に高いため、ロータ速度を下げたとき、フローと電力消費量が比例します。そのため、フローの5%でしか動作していない場合は、電力の5%しか消費しません」とパメラは述べています。
「VSD+の制御は、旧製品と比較して大幅に向上しています」とリンダは付け加えています。「これはインテリジェントな技術であり、多くの制御インテリジェンスが組み込まれています。排出ガスゼロ達成の目標は各国によって異なりますが、アトラスコプコでは、このような製品により、すでに他社より一歩先んじています。このような責任を担っていることを誇りに思います」
アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB