Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長 への入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
成功は「カード」で実現します
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。
スクリースクリーンのスター
あなたが見ている電話機、モニター、テレビのフラットディスプレイスクリーンの製造プロセスには、iXL900Rドライ真空ポンプが使用されているかもしれません。
携帯電話を手に取り、SMSに返信したり、最新のソーシャルメディアフィードをスクロールしたりする時に、固体電子工学の世界について考える人はまずいないでしょう。しかし、フラットパネルディスプレイスクリーンは、現代の優れた技術的成果の1つです。これがなかったら、携帯電話のディスプレイスクリーンは存在しません。薄型テレビでお気に入りの番組を見たり、ノートパソコンで作業したりすることもできないのです。
世界中に供給されているこれらのスクリーンは、東アジアの少数の会社により、「ファブ」と呼ばれる工場で製造されています。工場の全長は1キロメートル以上である場合もあります。アトラスコプコグループの傘下であるエドワーズが製造するiXL900Rのドライ真空ポンプと呼ばれる技術は、これらの工場の製造プロセスの中心となっています。
フラットパネルディスプレイは、品質、清浄性、制御性を確保するために真空環境で製造する必要があります。ガラスパネルは、大気圧からプロセスチャンバで必要な低加工圧力に移行する際に、ロードロックチャンバを通過します。ロードロックチャンバでは、真空ポンプシステムが圧力を下げ、プロセスの清浄性を保ちます。ポンプのエネルギー消費量は、施設の総エネルギー消費量の最大20%を占めています。
「お客さまの中には、自社のファブが中小規模の都市と同じくらいのエネルギーを消費していると仰る方もいました。電力の問題は、地域全体のグリッドに影響を与える可能性があります」と、半導体部門のビジネス開発VPであるクリス・ショウは述べています。彼は、2012年にこのドライポンプが初めて開発された際のプロダクトマネジャーです。
彼は続けます。「製造が行われている多くの国では、電力価格は国内市場に応じて設定されています。韓国では気温がマイナス20℃、台湾では40℃に達する可能性があるため、国内で大量の暖房や冷房が必要です。しかし政府は、これを可能にする、または望み通りに経済を拡張するための十分なエネルギー供給量を持っておらず、ほとんどの場合、電力供給を制限してしまいます」
「そのため政府は、国民のニーズを満たし、国家のエネルギー戦略を実現すると同時に、高まり続ける環境要件にも対応できるエネルギーの効率性を必要としています」
「私たちは、ポンプダウンプロセスを4つではなく2つのポンプで実行できるかもしれないという考えから始めました」と、ポール・ネラーは説明しています。現在彼は半導体部門のマーケティング担当VPですが、当時はドライ真空ポンプの新製品導入マネジャーでした。
iXL900Rドラ イ真空ポンプ
主な特長: 稼働時間の増加、環境負荷の低減、コスト面へのメリットをもたらす、低エネルギーの大容量ポンプです。
優れた機能: 小型で静音ながら、旧モデルのポンプ2台と交換可能な高い出力を実現します。
用途: 半導体およびフラットパネル製造。
iXL900R_JA-01.jpg
*製品データに基づいて計算し、当社の最新のテクノロジーと従来のテクノロジーを比較しています。 設置数は、グローバル市場を想定して推定されています。炭素の計算:こちらをクリック
「これにより、多くのエネルギーが節約され、設置面積が減り、チャンバをサポートする各ポンプに電力を供給する設備のコストが削減されます。そのため、当社のテクノロジーグループは、設置面積あたりの容量と1キロワットの電力消費あたりの容量を増やすことを望んでいました」
本製品は2014年に初めて発売されましたが、ポールとクリスはそのことを鮮明に憶えています。それはエドワーズがアトラスコプコグループの傘下となる移行期だったからです。
「この頃から、エンジニアによる純粋に技術的な取り組みとしての新製品の導入(NPI)から、プログラム管理哲学への移行が開始されました。これは、プロジェクトマネジャーと業務の部門横断的チームが一緒に行いました。毎週、関係者全員によるプロジェクトミーティングが行われました」と、ポールは述べています。
「このプロジェクトでは、韓国でもNPIチームが編成されました。韓国チームは、英国の私たちから製品の商品化プロセスを徐々に引き継き始めていました。現在、ドライポンプのコア技術は、英国のサセックス工場に続いて、韓国のチョナン工場でも採用されています。このプロジェクトは韓国チームにとって真の学習曲線となりました。私が数年後に韓国チームに会った際も、彼らはそのことを話していました」
「現在のようにビデオ会議の技術はなかったので、コミュニケーションにも支障がありました。特に、英国と韓国の間の時差が9時間にもなる冬季は尚更でした」
クリス・ショウは、マーケティング部門と研究開発部門の間の「重要な関係」は、常に「創造的な緊張」状態の中に存在すると語っています。「それは時に緊張をはらみ不快ですらありますが、ユーモラスでもあります。お客様にとっての価値と収益性の高い成長の両方を生み出すには、この緊張が不可欠なのです」
iXL900Rは、前モデルの2つのポンプと交換することができます。大容量ポンプを使用することでエネルギーを節約できるため、お客様は運用コストを大幅に削減できます。2019年度のiXL900Rドライ真空ポンプの累積運転時間に基づいて、旧世代のiXL500ポンプと比較したところ、26.8 GWh(約1万9,000トン)のCO2が削減されました。
「電話であれ、モニターであれ、テレビであれ、あなたがいつも見ているフラットスクリーンは、当社の機器で製造されたものかもしれません」と、ポールは言います。「世界中にどれだけスクリーンがあるか、そしてそれらスクリーンのすべての用途を考えると、すごいことですね!」
Quote_Green.svg
私たちは、ポンプダウンプロセスを4つではなく2つのポンプで実行できるかもしれないという考えから始めました これにより、多くのエネルギーが節約され、設置面積が減り、チャンバをサポートする各ポンプに電力を供給する設備のコストが削減されます。そのため、当社のテクノロジーグループは、設置面積あたりの容量と1キロワットの電力消費あたりの容量を増やすことを望んでいました」
クリス・ショウ、 VP, 半導体部門ビジネス開発担当
イノベーターの紹介
クリス・ショウ
クリス・ショウ、半 導体部門ビジネス開発担当VP
アトラスコプコグループに入社した理由は何ですか? 「私は常に科学、工学、テクノロジー市場の分野で働きたいと思っていました。ある会社を共同所有していましたが、その会社がうまくいかず、就職のために科学、テクノロジー、エンジニアリング系の会社を探し始めました。奇妙なことに、私は自分がエドワーズの長年の顧客であることに気付きました。エドワーズで働いたことはありませんでしたが、調べてみると、彼らが従来持っていたビジネスを少しずつ失っていることに気づきました。私は衝動的に、チームに参加して彼らをサポートできるかどうかを確かめたいと思いました。そして今、こうしてアトラスコプコファミリーの一員になっているのです」
ポール・ネラー
半導体部門マー ケティング担当VP
仕事のモチベーションとなるものは何ですか? 当社の製品が可能にするものです。テクノロジーの変化と成長の速さ、世界で半導体デバイスが使用される目的、それは高速コンピューティング機能なのか、優れた画面やデバイスなのか、医療や自律走行車などを実現させるのか、などを考えると、エキサイティングな業界だと思います。当社の製品によって実現することが、私の主なモチベーションです。
アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB