SHARE
Industrial_Ideas_Logo_Unit.svg
アトラスコプコグループの年刊発行誌
Share-BT.svg
Search-BT-New.svg
Menu-Button-Blue-01.svg
result
Search
アトラスコプコグループの年刊発行誌
何なりとご用命を
サービススペシャリストのトマシュ・ブガイは、事業と社会を継続・維持する方法を知っています…
レンタル指向
当社の柔軟なソリューションによって、あらゆる状況下で業務を遂行できます。
安全のための チッピング
この韓国の教育センターが、オンサイトの窒素供給へ移行した理由をご確認ください
明確な優位性
極めて効率のよい真空ソリューションを選択すると、すべてが変わります。
きれいな水 は生活を変える
当社の「Water for All」の取り組みは、水の入手が限られているコミュニティを支援するものです...
編集
社長兼CEOのマッツ・ラームストロムからの言葉。
シフト を可能に
産業組立ソリューションは、電気自動車革命の中心にあります。
「人間工学が鍵」
アヴァ・マザヘリが力の曝露と、優れた製品設計について説明します。
現場で 専門家がサポート
現地ディーラーとサービスサプライヤーの皆さんは、すべてのお客様が現地サポートを受けていることを確認してください
成長 への入口
世界第2位の経済大国である中国を訪問。
「共同開発が 前進のための最善の方法 」
アトラスコプコは、科学的境界の境界を押し広げるエコシステムと協力しています。
ドライに保つ
10年にわたる開発プロセスが、すべてを変える革新をもたらしました。
違いを 生み出す
現代社会は、当社のツールによって実現できる産業向けのアイデアに依存しています。
結びつける
物流マネジャーのケイティ・キムは、世界の半導体メーカーをサポートしています。
無駄を排除し 排出ガスを低減
もし産業機械のエネルギー使用を、生産ニーズによって変えられたら、どうでしょうか?
完璧なビジョン
全自動生産は、もはや幻想ではありません。
電源オン ですぐに使用可能
電動化は、カーボンニュートラルな未来に向けた重要なステップです。
カスタマイズを実現するイノベーター
好況のLNG業界向けに専用開発された革新的な製品。
成功の 秘訣
技術リーダーとして留まるために必要である重要な要素の一部をご確認ください
方向性を 定める
ジミー・ヘンドリックス氏のパフォーマンスも真空に依存していることをご存知でしたか。
スマート 製造
スマートマシンが自動運転し、遅延なくデータを転送する工場を想像してみてください。
スマートチーム + スマートフォン = スマート製品
DZS VSD+ドライクロー真空ポンプを支えるイノベーターをご紹介します。
現代生活に適した スマートなツール
産業用ツールが世界を変革します。
スクリースクリーンのスター
もしかすると、あなたが見ているスクリーンは、iXL900Rドライ真空ポンプで製造されているかもしれません。
成功は「カード」で実現します
リアルタイムのフィードバックを提供するデータ駆動型サービスソリューション。
参入:環境に優しいエネルギー市場
マーケットマネジャーのラスムス・ルービッツは、新たなチャンスをつかむ準備ができています。
ゼロのパワー
Z3+ライトタワーは、ゼロエミッションでゼロノイズのイノベーションです。
何か大きなことの始まり
傑出した当社初のバッテリ駆動型ドリル。
離陸への準備
スマートな方法で飛行機を組み立てます。
りんごを アップルソース に変える
ベビーフードの生産でも必要なほど、圧縮空気はあらゆる場所で必要とされています。
列車が飛行機を上回るとき
鉄道がコスト、スピード、サステナビリティのバランスを取ると、空路と海路に勝ります。
カーボンニュートラルの未来に向けた重要なステップの1 つは、CO2 排出量を抑制またはゼロにする電源および空気供給 ソリューションであるため、電動化は明白な選択肢です。
騒音、有害な煙、粒子、二酸化炭素の排出のない都市部の建設現場を想像してみてください。しかも、エネルギーをゼロエミッションで貯蔵し、オフグリッドアプリケーションに電力を供給したり、ピーク需要を補完したりすることができるのです。アトラスコプコは、電動ソリューションにより、こうしたビジョンの実現に向けて大きな前進を遂げました。
主な例として、電動E-Air VSDコンプレッサシリーズは、標準的なディーゼルコンプレッサと同じ用途で使用するよう設計されていますが、排出ガスは大幅に低減されています。特に優れているのは、プラグアンドプレイの堅牢なH250 VSDコンプレッサです。熱、粉塵、湿度、振動などの過酷な条件にも耐えられます。リュック・リナートとギル・ドホーヘはいずれも開発プロセスに携わっており、この黄色い機械について熟知しています。
「このコンプレッサにより、建設会社ははるかに幅広い用途に対応できるようになります。電気式なので、低排出地域や屋内で使用できます」と、ベルギーのアントワープにあるアトラスコプコのポータブルエア工場の製品マネジャー、リュック・リナートは言います。「小型のキャノピでも、優れたパフォーマンスを発揮します。移動も簡単です」
「それに加え、非常に静粛性が高いため、お客様に初めてお見せしたときにこう言われました。『あれ、電源を入れましたか。稼働していますか』従来のディーゼル式コンプレッサとは異なり、電源が入っているときでも、すぐ横で普通に会話することができます」
アトラスコプコのポータブルエア部門の研究開発担当副社長を務めるギル・ドホーヘは、これが持続可能性へのアトラスコプコの取り組みの重要なステップであり、彼自身が個人的に投資したいと思うプロセスであると述べています。
「私は幸運にも、他の人よりも貢献が可能なポジションに就いているため、そうする義務があるのです」と、彼は言います。「この新製品のシリーズは、アトラスコプコの持続可能な未来への目標達成に向けた重要なステップなのです」
ディーゼルからの脱却
E-Airは、アトラスコプコのカノンにとって価値ある製品であることは明らかです。定置式電動エアコンプレッサは、病院や工場で長年使用されてきましたが、ポータブルエアコンプレッサはこれまでディーゼル式でした。屋外の建設現場や採掘現場では通常、電力網にアクセスしたり、適切な電源コンセントを得たりすることができないためでした。
しかし、二酸化炭素排出量の増加や排出ガス規制の厳格化によるディーゼルのコストの増加、現場の騒音レベルに対する新たな規制、鉱山や建設現場の電気化の増加により、ディーゼル出力の魅力が低下しつつあります。 「こうした複合的なトレンドにより、ディーゼル駆動市場から脱却する可能性に着目し、ポータブルコンプレッサの市場リーダーとして当社がどのように排出ガスゼロを達成し、お客様の移行をサポートできるかについて調査を行いました」と、ギルは言います。
「その結果、総運用コストを大幅に削減できることが判明しました」と、リュックは述べています。「初期購入コストは同等またはそれ以下ですが、電動機械の運転コストはディーゼル機械を使用する場合の約半分です」
E Air H250 VSDポータブルコンプレッサ
主な特長: 過酷な条件にも対応するポータブルなプラグアンドプレイの空気供給装置。
優れた機能: 従来のディーゼルコンプレッサと比較して、堅牢で静音性とポータビリティに優れ、CO2 が46%削減されています。
使用場所: 地下や建設現場など、クリーンで静かな作業が必要な場所。
イノベーターの紹介
リュック・リナート
工場製品マネジャー
アトラスコプコに入社した理由は 何ですか。 私は空圧自動化の会社で働いていました。たいていの場合、私たちが使用していた空気はアトラスコプコの機械から得ていました。私は「アトラスコプコの機械はいたるところにあるな」と思っていました。求人に応募すると、すぐに会社と意気投合しました。これが私のやりたいことでした。
ギル・ドホーヘ
研究開発担当副社長、 ポータブルエア部門
バーバラ・グレゴリオ
プロダクトマー ケティングマネジャー
ルーベン・トレベホ
設計開発マネジャー
あなたの原動力は何ですか。 持続可能なテクノロジーの方向に向かっている大きな組織を見て、非常にやりがいを感じています。当社は世界中で多数の成功を収めており、すばらしい情熱的な人々と協力し、世界をより良い場所にするための革新的な製品を作り出しています。これは素敵なことです。
あなたのモチベーションは何ですか? 持続可能性は私にとって非常に重要であり、アトラスコプコがこのアイデアに賭けたことをとても嬉しく思っています。このアイデアは、当初は少し風変りに思われていました。新しい技術のため、お客様に知られておらず、このアイデアをプッシュしたのはマネジャーのサポートがあったためでした。
アトラスコプコに入社した理由は何ですか。
別の多国籍企業で17年間勤務した後、2019年に入社しました。転職することは難しい決断でしたが、私にとって重要だったのは、持続可能性に関するアトラスコプコの価値観、ミッション、そしてコミットメントでした。各エンジニアリング部門には、すべての機械の排出ガスと二酸化炭素排出量を削減するKPIがあります。
ZenergiZe エネルギー貯蔵 システム
主な特長: エネルギーを持続可能な方法で貯蔵し、提供します。
優れた機能: CO2 排出量ゼロ、騒音ゼロ、メンテナンスの必要性ほぼゼロ。
使用場所: 建設現場、屋外イベント(特に騒音規制の厳しい場所)、太陽光発電や風力発電所、電気通信アプリケーションなど。
その他の主な利点は、地熱掘削、サンドブラスト、コンクリート発破などの屋外用途に適したあらゆる天候条件に対応するコンプレッサの耐久性、エネルギー効率を向上させる可変速駆動、さらには電源コンセントにプラグインして利用可能な電力網とソケットに合わせて自動的に調整できるインテリジェントなソフトウェアなどです。
バッテリで動作
もう1つの電気的なマイルストーンは、ZenergiZeバッテリ式エネルギー貯蔵システムです。オフグリッドや屋外イベント、遠隔通信マストまたは建設現場で電力を供給できます。新しいこのシステムは、従来の大型のディーゼル式よりも静かで小型であり、はるかにクリーンです。使用されているリチウムイオンバッテリパックは、1回の充電で12時間超の電力を供給できます。さらに、このシステムは、ソーラーパネルや風車などの再生可能なエネルギー源と連携し、供給するエネルギーを貯蔵して後日使用することもできます。
バッテリ式ソリューションは、アトラスコプコのお客様重視の「アウトサイドイン」研究開発アプローチによるものです。このアプローチにより、お客様から得た知見を製品開発に反映させることができます。ルーベン・トレベホとバーバラ・グレゴリオは、エンジニア、マーケター、テクノロジーイノベーターで構成される開発チームの主要メンバーです。
「当社は、ヨーロッパをはじめとしたクリーンなエネルギーとCO2の削減へと向かう市場動向を見て、そのニーズに対応したいと考えていました」と、アトラスコプコの動力・フロー部門でプロダクトマーケティングマネジャーを務めるバーバラ・グレゴリオは述べています。「当社のお客様、特にレンタル会社とそのお客様は、ハイブリッドシステムを検討し始めていました。特に、CO2の増加と機械使用における騒音の規制がある大都市圏でそれが顕著でした」
「ゼロエミッションに誇りを持っていますが、卓越した性能についても誇りに思っています」と、スペインのサラゴサにあるアトラスコプコ工場の設計開発マネジャー、ルーベン・トレベホは言います。「このテクノロジーはまったく新しいもので、大きな課題となっていました。そのため、他のプロジェクトよりも少し長い時間をかけてコンセプトを練りました」
「環境的にもコスト効率にも優れた製品を開発する必要があることはわかっていました」と、バーバラはさらに言います。「お客様は、総運用コストについても投資を管理する必要があります。そこで、それらの要素を組み合わせ、燃費と低騒音の点で大幅な削減を実現しました」
待つ価値あり
2020年の発売以来、ZenergiZeに対する最初のお客様の反応を見てきましたが、長く困難な開発プロセスを実施してきた甲斐があったと感じています。 「ゼロエミッションポートフォリオが必要であることはわかっていましたが、市場がそれを受け入れる準備ができているかどうかはわかりませんでした」と、バーバラは言います。「しかしながら、当社の大口顧客の中には、それを通信アプリケーションで使用しており、大きな成果を得ている企業もあります」
ただし、ZenergiZeが市場に出たからといって、製品開発プロセスは終わりではありません。ルーベンは次のように説明します。「当社は、お客様から多くのことを学んでいます。お客様は、テクノロジーの用途についてさまざまなアイデアを思いつきます。バッテリ技術も進化し続けており、とても楽しみです」
「これはほんの始まりにすぎません」と、バーバラは言います。「将来確実に進歩すると思われるため、チームの全員が、これまでにない新しいものを開発することに非常に喜びを感じてきました。私たちは勇敢に取り組んでいると思います」
持続可能な未来に着目
E-Air H250 VSDコンプレッサも長年にわたり製造されてきましたが、マーケティングと研究開発の時間が、互いを新たな高みへと導きました。
ギル・ドホーヘが最も期待している点は、将来に向けて開かれる持続可能性です。彼は、VSD技術を搭載したコンプレッサの分野で、ハイブリッドソリューション、バッテリ駆動、さらには水素も視野に入れていると述べています。
「当社は、実行したい手順についてはよくわかっています」と彼は言います。「そして、プロセスの最後に最高の機械を得られるようにするため、それぞれの手順はすべて相互に関連付けられています。当社の目標は、提供するすべての用途に対し、排出ゼロの製品を提供することです」
「当社は常に先を見据えています」と、リュックは言います。「当社は、革新的であり続けるとともに、持続可能なソリューションを提供し、競合他社の一歩先を行きたいと考えています。まさにそれこそが当社なのです」
ZenergiZeエネルギー貯蔵システムは、再生可能なエネルギー源と組み合わせることで、即座または後での使用が可能となります。エネルギーを補足して貯蔵し、いつでも提供できます。さらに、インテリジェントな制御システムがエネルギーの供給と需要を管理し、ハイブリッド電力ソリューションの効率を向上させます。
アトラスコプコをフォロー
お問い合わせ | 2021/2022年版をダウンロード | ©アトラスコプコAB